トップ > 塩のこと > 種類

塩のこと・種類

塩は無機物ですが、日本では”塩は海水から取れるもの”という考えが通説です。しかし世界では様々です。
塩の成り立ち=種類は大きく3つに分けることが出来ます。

海塩

海水から作られる塩です。
乾燥した気候を利用して天日蒸発だけで結晶された「天日塩」も海水を原料としています。
海水を原料にするとき、製塩方法は様々な方法があり、生産者それぞれに違いがあります。

海水1リットルに含まれる塩分量は非常に少なく、僅か3〜3.5%しか取れません。
製塩技術の歴史を紐解くと、先人たちの知恵と努力を知ることができます。

岩塩

地殻変動で海水が陸に閉じ込められ、長い年月をかけて結晶化したもので、いわば”海の化石”です。
地中深く埋蔵される鉱物の一つでもあり、採掘されたのち、生産者それぞれの方法で商品化されます。

岩塩の採掘現場。荒々しい岩壁を抜けると地下に入るための入り口があります。
世界各地で採掘現場があり、各地域の知恵と技術が採掘方法に活かされています。

湖塩

塩湖(えんこ)は、海に流れ出る川がなく、周囲の陸地から溶かし出された塩類が河川水によって湖に運ばれ、水が蒸発して濃い塩水になった湖です。
塩湖でとれる塩を湖塩(こえん)といいます。
表層を削り取って集め、生産者それぞれの方法で商品化されます。

どこまでも続く白い湖面はとても美しいものです。
日光の反射が激しく、寒暖の差が激しい気候を持つ場所が多く、塩収穫作業は知恵と技術が活かされています。

最近色も粒の大きさも様々な塩を目にする機会が増えていますが、この組成の違いを商品特徴に挙げ、注目されることも多くなっています。
食塩の「味の違い」を取り上げるとき、この種類の違いと結びつけることも見受けられますがそれが全てではないことを先にお伝えします。

一つ、味の違いに影響する例を種類から挙げると”堅さ・もろさ”の違いから、溶ける速さが違うため舌が感じる”辛味”の伝達速度に差が生じ、「味が違う」と感じることがあります。
悠久の時が作り出した岩塩は堅く、人間の知恵が作り出す海塩は比較して柔らかいと言えます。